「ちゃり鉄16号」終了報告

お知らせ

3月24日(木)~4月6日(水)の予定で、「ちゃり鉄16号」の取材に出掛けておりましたが、昨日、4月6日、下記の予定通りの各路線の取材を終えて帰宅しました。

  • JR路線:播但線、姫新線、木次線、境線、伯備線、吉備線、津山線、因美線
  • 私鉄等路線:一畑電車北松江線・大社線、若桜鉄道
  • 廃線等:国鉄播但線(飾磨港線)・大社線、国鉄未成線(鉄道敷設法88号線・若桜~八鹿)、出石鉄道

今回の総走行距離は1500㎞余り。道中で、中国山地の分水嶺である道後山、吾妻山、比婆山、那岐山といった標高1200m前後の山々にも登山し、続けて50㎞~80㎞走行する、かなりきつい行程もありましたが、主要部分は予定通りに走行することができました。

2日目には、雨の中、低速とは言え路肩の構造物に激突して前輪ブレーキを損傷してしまい、中止の危機に遭遇しましたが、幸い、自力で修繕できる程度の損傷だったため、最寄り駅まで後輪ブレーキのみで走行し、そこで、ブレーキワイヤーの張り直し等の修理を行って、残り日程を乗り切ることができました。

かねてから、重量物を積載した状態での雨天時走行に際して、ブレーキの制動力の低下を懸念していたのですが、今回、それが現実のものとなり軽い自損事故となりました。これを機会に、ディスクブレーキ搭載の自転車に更新したいのですが、新規に組み立てるとなると予算20~30万。中々、簡単には手が出ない金額です。一先ずは、現在の自転車の消耗品交換などを行いつつ、当面の「ちゃり鉄」を継続していく方針です。

実際の鉄道経営でも、老朽車体はメンテナンスが大変だけど、新造車の購入費用は捻出できないってローカル鉄道も多く、「ちゃり鉄」も期せずしてそれを再現している形です。

旅の様子は、ぼちぼち、更新していきます。

タイトルとURLをコピーしました