北星駅:JR宗谷本線|旅情駅探訪記

「毛織の北紡」の赤看板と、味わい深い木造待合室が印象的な旅情駅・北星駅

北星駅:旅情駅探訪記

初訪問 ~2001年6月~

普通列車の車内から見送る初夏の北星駅
普通列車の車内から見送る初夏の北星駅

北星。

この美しい名前の旅情駅に出会ったのは、2001年6月の旅の道中だった。

この年の6月末日をもって、宗谷本線と石北本線で、3駅ずつ、合計で6駅が一気に廃止されたのだが、それらの駅を巡る旅の道中で、普通列車の車窓から、この魅力的な駅を目にした。

板張りだけの短いホームと、少し離れたところに立つ、木造の待合室。

そして、その待合室に掲げられた「毛織の北紡」と書かれたホーローの看板は、この駅の象徴と言っても過言ではないだろう。

この旅では、廃止される駅の訪問を主な目的としていたため、途中下車をする余裕がなく、車窓に見送るだけだったが、その印象は強く、再訪を決意したのだった。

再訪問 ~2001年8月~

「毛織の北紡」の赤看板と、味わい深い木造待合室が印象的な旅情駅・北星駅
「毛織の北紡」の赤看板と、味わい深い木造待合室が印象的な旅情駅・北星駅

再訪と途中下車の機会は、意外と早く訪れた。

2001年8月は、夏の東北、北海道を、3週間近くかけて旅した。その道中で、この旅情駅に降り立つことが出来たのである。

夏草の茂る北星駅は、静かな佇まいで、旅人を迎えてくれた。

駅の周辺には、数件の民家や小屋が点在し、全くの無人境ではないが、民家の大半は廃屋と化している。かと言って、寂しさや不気味さを醸し出すような雰囲気もなく、長閑で穏やかな空間が広がっていた。

開業は1959年11月1日で、板張りだけのホームから想定される仮乗降場由来の駅ではなく、れっきとした開業当時からの一般駅である。駅の象徴である木造の待合室が、その歴史を物語っている。

北星という印象的な駅名は、周辺地名に由来する。

北海道の地名は、アイヌ語由来のものと、開拓時代に付けられたものとの、二つに大別されるのだが、ここは、後者に該当する。

もともと、名寄市の北部にあるという意味で「北山」と通称されていたところに、輝く「星」の文字を組み込んで、「北星」という地名が生まれたのだと言う。

無人の原野を開拓していった開拓民の夢と希望の光が、夜空の星に託され、地名として残り、ひいては、駅名として残ったのだろう。

駅の待合室に掲げられた北紡の看板には、「毛織の北紡」の文字が書かれているが、実際には、「の」の字は「織」の字の右下に小さく書かれており、「織」の字と「北」の字の間には、社章であろうか、「☆」印のデザインが大きく描かれているため、遠目には「毛織☆北紡」という風に読み取れる。

この「☆」印が、「北星」の駅名とも合致して、実に好ましく感じられる。

辺りの散策を済ませて、その待合室に入ってみる。

古色蒼然といった趣の待合室は、小綺麗に清掃されており、ホッと落ち着く空間である。

窓枠も木製で、アルミサッシのような気密性はないかわりに、アルミサッシにはない温かみが感じられる。

その窓越しに板張りホームを眺めていると、昭和の郷愁に包まれる心地がして、去りがたい気持ちにななる。

待合室の隣には、親子のように、木造の便所が併設されていた。勿論、汲取式の古い便所で、むしろ、厠と表現した方が、似つかわしい、そんな施設であった。

待合室の中から、駅のホームを眺める 古びてはいるが、どこか、ホッとする空間である
待合室の中から、駅のホームを眺める 古びてはいるが、どこか、ホッとする空間である
北星駅全景。当時は、古い便所も併設されていた
北星駅全景。当時は、古い便所も併設されていた

鉄道の旅での途中下車では、滞在時間は、列車ダイヤに左右される。

当時のダイヤの詳細な記録はないが、僅かな滞在時間で、駅を後にした。

いつか、こんな旅情駅での一夜を過ごしてみたいと思いながら…。

名寄方面への鈍行列車で、この旅情駅を後にした
名寄方面への鈍行列車で、この旅情駅を後にした

第三訪 ~2016年1月~

2016年1月の北海道の冬の短い一日。とっぷり暮れた夕刻の北星駅に降り立った。学生時代の旅で訪れて以来、実に、15年ぶりの訪問だった。

この日は、念願の駅前野宿。

真冬の北海道ではあるが、旅情駅の懐で過ごす一夜に、静かな喜びを噛み締めていた。

北海道の短い冬の一日 とっぷり暮れた夕刻の北星駅に降り立った
北海道の短い冬の一日
とっぷり暮れた夕刻の北星駅に降り立った

凍てつく駅に降り立ち、見送る単行のキハのエンジン音が聞こえなくなると、辺りには静けさだけが残った。

孤独な時間…。

しかし、明かりの灯る駅は、そんな旅人の孤独に、物言わず寄り添ってくれる。

旅情駅を感じる瞬間だ。

一人孤独な旅人を、静かに迎えてくれた北星駅
一人孤独な旅人を、静かに迎えてくれた北星駅

列車の運転本数も少なく、駅は、長時間、静寂に支配される。

そんな中、雪を踏みしめながら、駅近傍を散策した。自分の発する音以外、何も聞こえない。

周辺の集落は、ほぼ、廃屋と化しており、人の気配のする民家は1軒しかなかった。その民家の住民も、生活の足は自家用車であり、この駅を利用する機会は、殆どないのであろう。

それが、北海道のローカル線の実情である。

しかし、それでも駅の施設は維持されており、周辺には除雪などの手が入っている。

人の住む民家の窓から漏れ出てくる明かりには、温もりを感じるが、それと同様、駅の明かりにも、どこか温もりを感じるのは、私だけであろうか。

駅の稚内方にある踏切まで歩いていき、駅を眺めると、遠く、名寄市街地の街明かりを反射して、赤黒く燃える低い雪雲の下に、北星駅が、ぽつんと佇んでいた。その孤影にしばし見惚れていると、辺りの寒気が、衣類の中にまで染み込んできた。

駅の稚内方にある踏切から眺めた北星駅
駅の稚内方にある踏切から眺めた北星駅

散策を終えて、待合室に入ると、ホッと落ち着く心地がした。

木枠の窓越しに、駅の明かりが待合室にも影を落とす。

何するでもなく、その明かりを眺める。

それは、至福の時間である。

凍える真冬の夜 ホッと落ち着く、木造待合室の中
凍える真冬の夜
ホッと落ち着く、木造待合室の中

宗谷本線は、名寄を境として北側を宗谷北線、南側を宗谷南線と通称することもある。宗谷本線全通までの歴史を振り返れば、盲腸線となった現在の姿からは想像のつかない、紆余曲折を経ていることが分かる。

その詳細をここで述べるのは冗長になるので避けるが、事実として、旭川に近い宗谷南線では、区間運転の普通列車や快速も運行されており、運転本数は少なくないが、宗谷北線は、人口希薄な地帯で、グッと運転本数が少なくなる。

時折、踏切の警報音が鳴り、遠くから、気動車のエンジン音が響いてくる。

しかし、それは、この駅を通過する特急。

既に、すっかり暮れた暗闇の窓の外を眺める乗客は居らず、ここに駅が存在することに気付いている人は、恐らく居ないだろう。

時折、雪煙を巻き上げて、特急が通過していく
時折、雪煙を巻き上げて、特急が通過していく

通過列車のエンジン音が聞こえなくなると、駅は、再び、静寂に包まれた。

最終の通過列車を見送った後、駅とともに、眠りにつく。

凍てつく真冬の夜も、寝袋の中に入れば、寒くはない。

心地よい静けさの中で、穏やかな眠りに落ちた。

駅前野宿の一夜が明けて、北星駅に黎明の兆しが訪れた
駅前野宿の一夜が明けて、北星駅に黎明の兆しが訪れた

至福の一夜を過ごし、月が浮かぶ空に青みが差し始めると、この旅情駅にも黎明の兆しが漂い始める。

凛とした静謐な大気の底で、吐く息が瞬く間に凍りつくような、厳しい冷え込みが辺りを覆う。

自分の体温で程よく温められた寝袋から這い出すのを躊躇いながら、しばらく、ウダウダしていたが、意を決して、朝の支度に取り掛かった。

着替えを済ませた後、再び踏切まで歩いていき、宗谷丘陵の麓に伸びる宗谷本線の鉄路と北星駅の構図にしばし見惚れた。

青みがかったモノトーンの情景の中に、駅や踏切の照明が浮かぶ様は、寒さを忘れさせるに十分だった。

宗谷丘陵の西麓に伸びる鉄路に沿って、踏切と駅が佇む構図にしばし見惚れた
宗谷丘陵の西麓に伸びる鉄路に沿って、踏切と駅が佇む構図にしばし見惚れた
名寄方の長い直線の彼方から、ヘッドライトともに列車が近付いてくる様は絵になるだろう
名寄方の長い直線の彼方から、ヘッドライトともに列車が近付いてくる様は絵になるだろう

待合室に戻り、この駅で過ごした一夜の余韻を噛み締めながら、この駅を舞台にしたドラマに思いを馳せた。

雪に埋もれるように佇む味わい深い待合室と、北星の集落
雪に埋もれるように佇む味わい深い待合室と、北星の集落
古びて隙間だらけではあるが、ホッとする待合室の中 ここで繰り広げられたであろう人間ドラマに、思いを馳せた
古びて隙間だらけではあるが、ホッとする待合室の中 ここで繰り広げられたであろう人間ドラマに、思いを馳せた

出発の時刻が近付いた。

準備を済ませ、居心地の良い待合室を後にし、ホームに立つ。

空はすっかり明るくなり、低いところを流れるちぎれ雲の上に、巻雲が広がっていた。天気は回復に向かうようだ。

やがて踏切の警報音が鳴り出し、キハのディーゼルエンジンの唸りが聞こえてきた。

宗谷本線・北星駅。

味わい深い一夜を胸に、この旅情駅を後にした。

出発準備を済ませてホームに立つと、空はすっかり明けていた
出発準備を済ませてホームに立つと、空はすっかり明けていた
いよいよ、北星駅を去る時間が来た 雪まみれのキハの顔が冬の厳しさを物語る
いよいよ、北星駅を去る時間が来た
雪まみれのキハの顔が冬の厳しさを物語る

北星駅:旅情駅ギャラリー

2001年8月撮影(フィルムスキャン)

北星駅から名寄方の風景
北星駅から名寄方の風景
北星駅から稚内方の風景
北星駅から稚内方の風景
畑の中の轍の先に、簡素な板張りホームだけの北星駅が佇む
畑の中の轍の先に、簡素な板張りホームだけの北星駅が佇む
北星駅の周辺には、人々の生活の跡が残っている
北星駅の周辺には、人々の生活の跡が残っている
原野に伸びる一条の鉄路が旅情を誘う
原野に伸びる一条の鉄路が旅情を誘う
名寄方に存在した智東駅の名前が見える、当時の駅名標
名寄方に存在した智東駅の名前が見える、当時の駅名標

2016年1月撮影

名寄方に存在した智東駅は廃止されて久しく、表示は日進駅に張り替えられている
名寄方に存在した智東駅は廃止されて久しく、表示は日進駅に張り替えられている
名寄方に向かって右側にカーブしていく途中に、踏切の明かりが浮かんでいた
稚内方に向かって右側にカーブしていく途中に、踏切の明かりが浮かんでいた
夏には草むらが広がる駅前の耕作地跡も圧雪に覆われていた
夏には草むらが広がる駅前の耕作地跡も圧雪に覆われていた
とっぷりと暮れた宵闇の下に、静かに佇む旅情駅・北星駅
とっぷりと暮れた宵闇の下に、静かに佇む旅情駅・北星駅
凍てつく真冬の早朝 月光の下、無人の駅を照らし出す灯りには、どこか、温もりがある
凍てつく真冬の早朝
月光の下、無人の駅を照らし出す灯りには、どこか、温もりがある
雪原の中に、待合室と駅が、静かに佇んでいた
雪原の中に、待合室と駅が、静かに佇んでいた
宗谷丘陵の西麓に伸びる2条の鉄路と、北星駅の情景
宗谷丘陵の西麓に伸びる2条の鉄路と、北星駅の情景
駅の稚内方にある踏切と北星駅
駅の稚内方にある踏切と北星駅
北星駅の後背には天塩山地の丘陵地が伸びている
北星駅の後背には天塩山地の丘陵地が伸びている
明けゆく北星駅の一夜 じっとしていると痺れるような寒気に包まれる
明けゆく北星駅の一夜
じっとしていると痺れるような寒気に包まれる
北星駅の「駅前」風景と天塩川河畔方向を望む
北星駅の「駅前」風景と天塩川河畔方向を望む
年間を通してほとんど乗降客は居ないが、駅前はしっかりと除雪されていた
年間を通してほとんど乗降客は居ないが、駅前はしっかりと除雪されていた
青みがかったモノトーンの情景の中、明かりが灯る駅は、まだ、眠りの中にあるようだ
青みがかったモノトーンの情景の中、明かりが灯る駅は、まだ、眠りの中にあるようだ
消灯時間を迎え、夜から朝になった北星駅
消灯時間を迎え、夜から朝になった北星駅
待合室の窓からホームを眺める
待合室の窓からホームを眺める
「北辺の地」という形容が似つかわしい北星駅
「北辺の地」という形容が似つかわしい北星駅
辺りの草むらも、すっかり圧雪の下になり、広々とした「駅前」
辺りの草むらも、すっかり圧雪の下になり、広々とした「駅前」
北星駅前の集落の風景 一軒の民家の煙突からは煙が立ち上っていた
北星駅前の集落の風景 一軒の民家の煙突からは煙が立ち上っていた
宗谷丘陵の西麓に広がる北辺の原野に佇む北星駅
宗谷丘陵の西麓に広がる北辺の原野に佇む北星駅
北星駅の周辺にも、雪雲の切れ間から、朝の気配が降りてきた
北星駅の周辺にも、雪雲の切れ間から、朝の気配が降りてきた
踏切の警報音の中、名寄方面への普通列車がやってきた
踏切の警報音の中、名寄方面への普通列車がやってきた

北星駅:地図情報

タイトルとURLをコピーしました