下灘駅:JR予讃線|旅情駅探訪記

駅舎から下灘駅の駅名標を眺めると、海の近さを実感する
旅情駅探訪記
広告
広告

下灘駅:旅情駅探訪記

初訪問 ~2016年5月(ぶらり一人旅)~

ツーリング・マップルというライダー向けの地図がある。

7分冊で全国をカバーするこの地図は、私の旅にも欠かせないのだが、その「中国・四国」の巻で、「大洲」の図幅を見ると、伊予灘に面した海岸線を行くJR予讃線に、「海に一番近い駅」と記載された駅があることに気がつく。

下灘駅である。

1986年に内子経由の新線(通称・内山線)が開通するまでは特急も走っていた、伊予長浜経由の海岸ルートは、沿線にある喜多灘、伊予上灘といった駅名が示すように、伊予灘を間近に望む風光明媚なルートであり、現在では、観光列車「伊予灘ものがたり」も運行される観光路線となっている。

その海岸ルートの中でも、とりわけ、海が間近に眺められる駅として有名なのが、この下灘駅である。

駅の開業は、1935年6月9日。開業当初は、終着駅であったが、予讃線の延伸工事の進展により、伊予長浜駅まで開通した4ヶ月後には、中間駅となった。かつては、1面2線の島式ホームを持つ交換可能駅だったが、現在は、駅舎側の1線が撤去の上、埋め立てられて、1面1線になっている。また、木造駅舎は、改装されたものの、開業当初からのものである。

「海に一番近い駅」と呼ばれてはいるが、現在は、駅と瀬戸内海との間が埋め立てられ、国道378号線が走っており、「一番近い」という状況は失われている。

しかし、国道開通までは、文字通り、線路脇の崖の下まで瀬戸内海が迫っており、「一番近い」という表現が似つかわしいものだったようである。

私は、2016年5月、四国全路線を周る旅の途中で、この旅情駅を訪れた。

普通列車から降り立った下灘駅からは、伊予灘に沈む夕日が間近に眺められた。

普通列車から降り立った下灘駅からは、伊予灘に沈む夕日が間近に眺められた
普通列車から降り立った下灘駅からは、伊予灘に沈む夕日が間近に眺められた

青春18きっぷのポスターにも使われたことのある下灘駅には、満員状態だった八幡浜行きの普通列車からの降車客のみならず、車で来訪したと思われる多くの観光客が押しかけており、列車が停車しているにも関わらず、ホームから線路に降りて記念写真の撮影を行う若者も多数いて、喧騒甚だしい。

鄙びた海辺の旅情駅を想像していた私は、戸惑いを感じた。

しかし、下灘駅のホームから望む、印象的な日の入りは、思いがけない喧騒に疲れた気持ちを、慰めてくれた。

瀬戸内海に浮かぶ島々が、黒い影となって横たわる中、水平線を紅く染めて、日が沈んでゆく。

カメラのファインダー越しに眺めるのがもったいないくらい美しい夕景が広がり、私の拙い文章では、表現しきれない情景だった。

下灘駅のホームから望む、印象的な日の入り
下灘駅のホームから望む、印象的な日の入り

夕日が水平線に没した後、マイカー組は早々に引き上げたらしく、松山への列車を待つ観光客が残るだけで、喧騒は一気に静まっていった。

暮れなずむ瀬戸内海を眺めながら、日没の余韻が漂う下灘駅で、穏やかなひとときを過ごす。

日没の余韻が漂う下灘駅
日没の余韻が漂う下灘駅

松山への普通列車が出発した後は、駅には、地元の方以外、誰も居なくなった。

とっぷり暮れた下灘駅は、夕刻の喧騒が嘘のように、静かな旅情駅のたたずまいに戻っていた。

とっぷり暮れた下灘駅は、夕刻の喧騒が嘘のように、静かな旅情駅のたたずまい
とっぷり暮れた下灘駅は、夕刻の喧騒が嘘のように、静かな旅情駅のたたずまい

眼下の国道を、時折、車が駆け抜けていくが、高台にある駅前の道は旧道になるため、日没後には、ほとんど車が通らない。

「国道がなかった頃の下灘駅に、来てみたかったな」、と思う。

わずかな乗客を乗せて八幡浜への普通列車が出発していく。

最終列車を見送った後、駅前野宿の眠りについた。

わずかな乗客を乗せて八幡浜への普通列車が出発していく
わずかな乗客を乗せて八幡浜への普通列車が出発していく

翌朝、誰も居ない海辺の旅情駅で迎える夜明けは、深い群青色に包まれていた。

駅前の道路に沿って数分、駅を見下ろす事ができる、西側から眺めた下灘駅は、まだ、眠りの中に居るかのようだった。

黎明の静けさの中に、明けゆく空の明かりを反射して、二条のレールが伸びる情景は、何にも代えがたい。

誰も居ない海辺の旅情駅で迎える夜明け
誰も居ない海辺の旅情駅で迎える夜明け
西側から眺める下灘駅は、まだ、眠りの中に居るかのよう
西側から眺める下灘駅は、まだ、眠りの中に居るかのよう

明るくなり始めた頃合いに駅に戻り、小ぎれいに手入れされた下灘駅の駅舎を眺める。

この様に、地元の方の愛着を感じる無人駅は、心地よい。

小ぎれいに手入れされた下灘駅の駅舎
小ぎれいに手入れされた下灘駅の駅舎

駅前を散歩している内に、夜はすっかり明け、駅のある高台にも日が差し始めた。朝日に照らし出される下灘駅のホームは、海や空の青さに包まれて、爽やかだ。

朝日に照らし出される下灘駅のホーム
朝日に照らし出される下灘駅のホーム

写真撮影をしていると、清掃に訪れた地元の方に声をかけられた。観光客は増えたものの、朝早くに駅に来る人は、珍しいとのこと。しばらく談笑した後、八幡浜方面への始発で駅を後にすることを告げ、自宅に戻られるのを見送った。

その後、出発までの合間に、下灘駅に到着した松山行きの始発列車を撮影していると、先程の方が、差し入れのお弁当を作って、戻ってこられた。

恐縮しきりだが、ありがたく頂戴する。

旅先での思いがけない好意に、この旅情駅の思い出が、また一つ増えた。

下灘駅に到着した松山行きの始発列車
下灘駅に到着した松山行きの始発列車

駅に戻ると、程なくして、特急車両を改造した普通列車の姿が見えてきた。

一夜の思い出を胸に、伊予長浜方面への始発列車で、隣の串駅に向けて旅立った。

伊予長浜方面への始発列車で、隣の串駅に向けて旅立った
伊予長浜方面への始発列車で、隣の串駅に向けて旅立った
広告

下灘駅:旅情駅ギャラリー

2016年5月撮影(ぶらり一人旅)

下灘駅からは、国号越しに、瀬戸内海が眺められる
下灘駅からは、国号越しに、瀬戸内海が眺められる
連休期間中だったこともあり下灘駅には多くの観光客の姿が
連休期間中だったこともあり下灘駅には多くの観光客の姿が
国道から見上げた下灘駅
国道から見上げた下灘駅
さっきまでの喧騒が嘘のような旅情駅
さっきまでの喧騒が嘘のような旅情駅
日の出間際の静謐さが心地よい下灘駅
日の出間際の静謐さが心地よい下灘駅
駅舎の中から眺める下灘駅のホームと駅名標
駅舎の中から眺める下灘駅のホームと駅名標
象徴的な下灘駅のホーム上屋
象徴的な下灘駅のホーム上屋
かつての線路跡が残るホームと駅舎の間
かつての線路跡が残るホームと駅舎の間
島式ホームだったかつての面影を残す東側からの眺め
島式ホームだったかつての面影を残す東側からの眺め

下灘駅:地図画像

国土地理院地図画像

地形図:下灘駅付近
地形図:下灘駅付近

空撮画像

空撮画像:下灘駅付近
空撮画像:下灘駅付近
広告
広告
「いいね!」頂けたら幸いです
皆さんの評価が励みになります。
ちゃり鉄.JP
タイトルとURLをコピーしました